仙台青葉祭り

仙台青葉まつり仙台青葉祭りは、江戸時代の宮町東照宮の祭礼「仙台祭」が起源とされている。
最大70基の山鉾が仙台城下を練り歩いた。

明治時代になると、伊達政宗公を祀った青葉神社の祭礼がこれにかわり「青葉祭り」と呼ばれるようになる。交通事情などで途絶えたが、昭和60年、正宗公没後350年を記念して「仙台青葉祭り」として蘇り、今では仙台の初夏のお祭りとして定着している。

宵祭りでは街中にお囃子が流れ、本祭りでは勇壮な11基の山鉾が巡業、武者行列・神輿渡御などの時代絵巻が繰り広げられる。

開催期間:例年5月第3日曜日とその前日夜
問い合わせ:「仙台青葉まつり協賛会事務局」
Tel:022-223-8441


関連記事

  1. 仙台七夕まつり

TOPPAGE  TOP